物語

   

【あなたはどう思う?】赤ちゃんを抱いしている女性に席を譲ろうとしたら、その隣に立っていたおばさんが座ってきた。「あなたの為じゃない」と声を掛けようとすると・・・

       

11130

昼下がりの山手線。
サラリーマンや学生をはじめ、多くの人が電車内におり、空席を見つけるのが難しいような混雑具合でした。

そんな中席に座っていた僕。
すると恵比寿から、小さな赤ん坊を抱えた女性が電車に乗ってきて、たまたま僕の目の前に立ちました。

女性に席を譲ろうとしたら、その隣に立っていたおばさんが座ってきた。

「あなたの為じゃない」と声を掛けようとすると・・・

※次のページへ続きます