世界の知ってほしい事

   

【これは凄いっ!】85歳のおじいちゃんがフルマラソンを3時間台で完走し、世界新記録樹立!彼に「老後」なんて存在しない…!

       

safe_image

今回は驚きのニュースをご紹介いたします。

先日、カナダのトロントでフルマラソン大会が行われたのですが、そこでトンデモナイ記録が誕生したのです。

1位走者のタイムが非常に速かったのか?

いえ、違います!

なんと御年85歳のおじいちゃんが、リタイアすることなく完走。

しかも気になるタイムは、4時間足らずの3時間56分33秒。

これは85歳以上のカテゴリーでの世界記録です。

練習をしてきた人でも途中でリタイアする場合があるというのに、この年齢でチャレンジそして完走とはスゴイの一言ですね。

その驚愕のおじいちゃんことEd Whitlockさんについてご紹介いたします。

先日、カナダのトロントで行われたフルマラソン大会に、85歳のEd Whitlockさんが参加しました。

彼が叩き出したタイムは、3時間56分33秒。

これは85歳以上のカテゴリーで世界記録に当たります!

3時間56分33秒という記録は、日本人に例えるとあの安田大サーカスの団長さんのタイムに匹敵するのです。

ちなみに、団長がこのぐらいのタイムを出したのは39歳のこと。

トライアスロンも行いながらフルマラソンにも挑戦するスポーツマンです。

団長の倍以上も生きているWhitlockさんが同じペースで完走したと聞くと、

だんだん彼の凄さが分かってくるのではないでしょうか?

Whitlockさんは10代の頃にマラソンを始めたのですが、実は21歳のときに一度やめてしまったそうです。

そして長いブランクを経て再び40歳から少しずつ走り始め、現在までずっと続けているとのこと。

やはり、マラソンに対する熱い想いが幼少の頃からあったのでしょうか?