【※考えさせられる】弟の卒業文集「リア充にも負けず」切なすぎるとTwitterで話題に!

       

sotsugyo

名作の名は「リア充にも負けず」

卒業シーズン…

人はみないろいろな思いを胸に、慣れ親しんだ学び舎を巣立っていきます。

ある者は仲間や先生との別れを惜しみ、またある者は将来の夢を語り、大人への階段を上っていきます。

誰でも一度は「自分はこうありたい」あるいは「こうはなりたくない」といったことを考えたことがあるかと思います。

卒業・入学というのは、こうした夢や希望を思い描くきっかけとして、とてもいい機会なのではないでしょうか?

そんな折、かの有名な宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をモチーフにした詩が卒業文集に掲載され、話題となっています。

その名も「リア充にも負けず」

詩人、童話作家、科学者など、多彩な才能で知られる宮沢賢治。

知ってる作品は数あれど、誰でも一度は目にしたことがあると思います。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ…

の一節で始まる「雨ニモマケズ」の詩は、宮沢賢治の代表作としてあまりにも有名。

彼の死後に発見されたというこの詩、最後は「そういうものに わたしはなりたい」と結ばれており、自分の理想・戒めとして書かれたものとも言われています。

そんな感動の「雨ニモマケズ」が、こんなにも意外な形で現代に蘇るとは…

『リア充にも負けず』

カップルにも負けず
クリスマスにも負けず
夏祭りにも 桜の切なさにも負けず
丈夫な心を持ち
嫉妬はなく
決して彼女の募集はせず
いつも一人で 耐えている

東にクリスマスイルミネーションあれば
行って 一人で楽しみ
西に花火大会あれば
行って 一人で楽しみ
南に桜の美しい花見があれば
行って 一人で楽しみ
北に恋愛映画あれば
行って 一人で楽しみ

切ないときは アニメを見て
楽しいときも アニメを見て
みんなに キモヲタと呼ばれ

ほめられず
必要にもされず
そういう独身男性に
わたしはなりたくない
幸せになりたい

何というか、とても他人事とは思えないリアルな描写…

「これはまるで、オレのようだ…」